カテゴリー別アーカイブ: 便秘

便秘対策としてバランスボールを椅子として使う!

つい先日、バランスボールが身体のゆがみに良いと聞いて購入しました。
バランスボールは座っているだけで体内の筋肉(インナーマッスル)を鍛えることができるらしいです。
早速、バランスボールに座ってみると、思いのほか心地よく、そのまま椅子として使ってみることにしました。
私の仕事はデスクワークが主なので、1日8時間以上は椅子に座っています。
それをバランスボールに代えてずっと座ってみることにしました。
すると、思いもしなかったことに便秘まで解消されたのです!
バランスボールに乗っていると、腰から下が動くのですが、それによって腸が適度な刺激を受けるみたいです。
バランスボールに座るようになってから、本当に便秘知らずになりました。
私はひどい便秘症で今まで色々試してきたので、このバランスボールの意外な効果にはビックリでした。
バランスボールは私のようにデスクワークばかりで運動不足気味から便秘になってしまう人にとってはピッタリだと思います。
ユーグレナの大麦若葉と明日葉でダイエット

便秘阻止のために常々コップ1杯の豆乳を。

ボクは普段から、便秘阻止のためにコップ1杯の豆乳を呑むようにしています。
これは過去、息子が便秘の時に豆乳を飲ませるというスルッと便が出てくれたのがきっかけです。
それ以来、常々コップ1杯の豆乳を飲んでいるのですが便秘で考え込むことはなくなりました。
最初は僅か病みつきがあって呑みにくかったので、コーヒーって混ぜてみたり、バナナと共にミキサーにわたってバナナ飲料の様にして飲んだりもしていましたが、今では豆乳だけでも無理なく飲めるようになりました。
豆乳は大豆からできているので、食物繊維が困難豊富です。
また豆乳にはオリゴやマグネシウムも、多数含まれています。
食物繊維はもちろんのこと、オリゴやマグネシウムは便秘には困難効果的な根底だ。
オリゴは腸の中の善玉バイ菌の囮になって頂ける。
契約、善玉バイ菌が目立ち腸内環境が揃うのです。
またマグネシウムは、便を柔らかくする働きがあります。
便が柔らかくなると、便秘にはなりにくいだ。
心からボクにとりまして豆乳は、便秘突破のためになくてはならないものとなっています。
便意があるのに出ないのはなんで?

食べ物というムーブメントで頑固な便秘に戦略をください

便秘戦略として、食べ物に気を使っています。ヨーグルトという納豆が良いそうなので、日々食べています。ヨーグルトはイチゴジャムを混ぜて、納豆は毎朝欠かさず食べています。おかげで、以前はごつくて固くて随分出なかったのですが、最近は柔らかくなり、出やすくなりました。
あとは食物繊維を手広く摂るようにしています。ごぼうのきんぷらや野菜サラダなどです。また、水気を数多く摂ると便が柔らかくなると聞きました。水気不良だと、便がカチャカチャになり、出にくくなるそうです。日ごろから水気もとことん含めるようにしています。野菜飲み物も呑むようにしています。
また、食べ物が便秘には効くそうで、できるだけ3食採り入れるようにしています。水気そのままに比べて、食べ物だと水気を保ったとおり大腸まで届き、便をやわらかくするそうです。

あとは運動をするようにしています。こちらは散策をしています。1時間ほど、近しいそれぞれと共に語りながらあるくようにしています。
授乳中の便秘を安全に治す方法「青汁」

便秘予防には毎朝かかせない豆乳

環境が変わると便秘になりやすいので、普段から便秘予防に毎朝豆乳を飲むようにしています。旅行に行くときも極力持参するか、現地で買うくらい愛飲しています。豆乳を毎朝飲むようにしてからは毎朝のお通じが快調です。便秘でも極力薬に頼らずに解消したいので、以前からいろいろ試してきました。青汁やヨーグルト、プルーンなど試しましたが、その中でもいちばん効果を感じたのが豆乳でした。ちなみに牛乳はちょっと苦手なので、豆乳にしました。豆乳は市販の調整豆乳のプレーンタイプです。毎朝コップ一杯くらい飲みます。そのままでもおいしいですが、毎朝飲んでいるとたまに飽きてしまったり、冬は寒いので冷たいと飲みづらいときもあります。そんなときは、豆乳にイチゴやバナナなどの果物を入れてミキサーにかけたり、冬場には豆乳に砂糖を入れて温めたりもします。こうすると年間を通して飲めます。便秘予防と美容、健康のために豆乳はこれからもつづけていきます。
便秘 コーヒー