親のダメな所が似てしまう育児の問題

近頃妙に血を分けた親子だな~と実感してしまうのは自分のダメな所が子どもと似ていると感じた時です。
例えば私はお腹が空いている状態が耐えられないタイプでお腹が空いたらイライラして機嫌が極端に悪くなります。主人にもあきれられていますがどうにも空腹だと物事が手に付きません。自分でもそういう「がめつい」ところを治したいと思っているのですがまさかのそこが子どもに遺伝したようなのです。少なからず子どもは我慢できないものだとは分かっていますが尋常じゃないほどの量を食べ、大人が食べているお菓子などを見ればすぐ寄ってきて食べさせろと言わんばかりにすごい勢いで泣きます。一方食べている間はとてもおとなしく本当に機嫌がいいです。
もうひとつ似てしまったのは鼻が詰まりやすいこと。私は極度のアレルギー性鼻炎で万年鼻詰まり状態なのですが子どももその遺伝子を受けついでしまったのか鼻が弱いです。似なくてよいところが似てしまったようで本当に困りますがこれが親子というものかと思い日々育児に取り組んでいます。
身長 伸ばす 手術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です