便秘阻止のために常々コップ1杯の豆乳を。

ボクは普段から、便秘阻止のためにコップ1杯の豆乳を呑むようにしています。
これは過去、息子が便秘の時に豆乳を飲ませるというスルッと便が出てくれたのがきっかけです。
それ以来、常々コップ1杯の豆乳を飲んでいるのですが便秘で考え込むことはなくなりました。
最初は僅か病みつきがあって呑みにくかったので、コーヒーって混ぜてみたり、バナナと共にミキサーにわたってバナナ飲料の様にして飲んだりもしていましたが、今では豆乳だけでも無理なく飲めるようになりました。
豆乳は大豆からできているので、食物繊維が困難豊富です。
また豆乳にはオリゴやマグネシウムも、多数含まれています。
食物繊維はもちろんのこと、オリゴやマグネシウムは便秘には困難効果的な根底だ。
オリゴは腸の中の善玉バイ菌の囮になって頂ける。
契約、善玉バイ菌が目立ち腸内環境が揃うのです。
またマグネシウムは、便を柔らかくする働きがあります。
便が柔らかくなると、便秘にはなりにくいだ。
心からボクにとりまして豆乳は、便秘突破のためになくてはならないものとなっています。
便意があるのに出ないのはなんで?

運動音痴な私のウォーキングの効果

学生時代から体育の授業が嫌いな私ですが、幸いにも家系がやせ形で、今まであまり運動する努力しませんでした。飽きやすい性格もあり、3日と続かないんですよね・・・。
ところが年齢も30代に入り、代謝が落ちてきたせいか、腰回り・お腹周りの贅肉がなかなか落ちてくれません。これはいけない!と思い、色々できる範囲でやってみました。ストレッチ・ヨガ・軽い筋トレなどを試しましたが、気になる部分の贅肉には効果なしです。
そんな時にあるきっかけで、毎日朝と夕方30分から40分歩くことになりました。最初は体が慣れておらず、朝からぐったりでしたが、数日で体が徐々に軽くなり始めました。今はジョギングシューズで、歩幅を大き目に手を軽く振ってウォーキングしています。
ウォーキングを続けて1か月程度たったころに、お風呂上りに鏡を見るとお腹と腰回りがスッキリしていました!これは思わぬ副産物でした。
現在は朝にウォーキングをして、夕方はゆっくりジョギングしています。ジョギングは歩く程度のゆっくりした動作で行うと、全身運動になって良いらしいです。休みの日は、なわとびもしています。なわとびも全身に負荷がかかるらしく、最初は10回飛んだだけで息切れでした。今は、少し体も慣れてきて2、30回程度飛んでいます。
今後の健康とスタイル維持のためにも、頑張って続けていくつもりです。
顔汗制汗剤

食べ物というムーブメントで頑固な便秘に戦略をください

便秘戦略として、食べ物に気を使っています。ヨーグルトという納豆が良いそうなので、日々食べています。ヨーグルトはイチゴジャムを混ぜて、納豆は毎朝欠かさず食べています。おかげで、以前はごつくて固くて随分出なかったのですが、最近は柔らかくなり、出やすくなりました。
あとは食物繊維を手広く摂るようにしています。ごぼうのきんぷらや野菜サラダなどです。また、水気を数多く摂ると便が柔らかくなると聞きました。水気不良だと、便がカチャカチャになり、出にくくなるそうです。日ごろから水気もとことん含めるようにしています。野菜飲み物も呑むようにしています。
また、食べ物が便秘には効くそうで、できるだけ3食採り入れるようにしています。水気そのままに比べて、食べ物だと水気を保ったとおり大腸まで届き、便をやわらかくするそうです。

あとは運動をするようにしています。こちらは散策をしています。1時間ほど、近しいそれぞれと共に語りながらあるくようにしています。
授乳中の便秘を安全に治す方法「青汁」